5月の上映になってから、ずっとずっと見に行きたっかったのに行けないでいた実写版『アラジン Aladdin』やっと見れました~。

あぁ、めちゃめちゃ良かったです!!!

自分の期待の上をいってくれると満足感が半端ない。

ディズニーのアニメ版からして、曲が大好きなので実写版が私の期待を裏切らないかと心配していたのですが、稀有でしたね。

ウィル・スミスは安定の演技力と存在感で見事にジーニーを演じ切り、歌も歌えてしまうなんてなんてエンターテイナーなんでしょう。。。

アラジンは正直好きな顔ではないはずなのに王子様仕様になった瞬間に素敵に見えてしまう自分のポンコツ具合にびっくりしました。

ジャスミンは途中で歌う場面で涙が(年と共に涙腺が・・・)。

こちらも見事。オリジナルの曲「speechless」力強さと美しさを兼ね備えていました。

まぁ、一番好きなのはオープニングの「アラビアンナイト」で2番目に好きな曲は「prince Ali」なのですが、世界観に引き込まれました。

既に公開から日にちが経ってしまっており、字幕となると劇場の中でも小さなスクリーンだったので、もっと大きなスクリーンで見たかったと悔やんでおります。

これはマジでディスク買っちゃいそう。

帰宅してからYOUTUBEで曲を連続再生中です。

オープニングをきちんと見直して、「アラビアンナイト」聞きたい!

メインの「Whole new world」もいいのですが、好みの問題ですね。

からだがエキゾチックな音楽で現実逃避を求めています。

ディスクの発売はいつなんでしょう???

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です