『RSI(相対力指数)』は株が売られすぎているか?買われすぎているのか?をみるための指標です。

ある一定期間の上げ幅と下げ幅の平均を折れ線グラフにしたもので、50%から0%に近づくほど「売られすぎ」、50%から100%に近づくほど「買われすぎ」と判断します。

80%を超えていたり、20%を下回っていたら加熱が懸念されるため注意が必要です。

50%より数値が高くなれば「売り」のタイミング、50%より数値が低くなれば「買い」のタイミングです。

値動きに対してRSIは遅れがちになる指標といわれています。

50%以上であればその後上がりやすく、50%以下であれば下がりやすいという見方もできるのです。

しかし、参考にできるのは主に「ボックス相場」や緩やかな相場が継続している局面のため、今の相場では使いにくいのかもしれませんね・・・

参考:河出書房新書「人生100年時代 一番やさしい、失敗しない 投資入門」矢久仁史 著

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です