いろいろと話題の「ビットコイン」について、わからない自分なりに調べて整理をしてみました。

 

「ビットコイン」とは?

「ビットコイン」とは、インターネット上に存在するデジタルなお金です。英語では「encrypted currency 」と表記されます。正式に訳すると、「暗号通貨」という名称になります。「ビットコイン」は数ある「暗号通貨」の1つです。

パソコンやスマホがあれば、所有や使用することができます。Suicaなどの電子マネーと同じようなイメージですが、ちょっと違います。

電子マネーは支払いの手段の、ひとつです。貨幣はサービスへの支払いのみではなく、友人や世界中の人々とやりとりができるという点が異なります。自分のチャージしているSuicaのお金を他の人のSuicaに移す事ってできないんですよね。

お金は信用で成り立っています。紙キレが1万円という意味を持つ背景に国や中央銀行の信用があります。国の信用がなくなれば、紙そのものの価値にしかならなくなります。

この信用性を高めるために、暗号通貨では「ブロックチェーン」という仕組みが働いています。

「ブロックチェーン」とは?

10分ずつのお金のやりとりの記録(台帳)を1ブロックとして、それをチェーンのように一列に繋げて記録を残して行くという方法です。

通常、お金のやりとりの記録は銀行で管理をされていますが、暗号通貨では仕組を利用している人たちのパソコンをつないで監視され合っています。

1つのブロックには、自分と相手Aさんとのやりとりのみでなく、同じ10分の間に暗号通貨をやりとりした人たち全員の取引の内容が記録されます。現在の利用者数を考えると膨大な数字ですね。

1つのチェーンに繋がれていることで、時間的な書き換えなどの偽造を難しくします。膨大な数の利用者さんがいるため、利用者全員のパソコン、スマホで管理されている記録を改ざんすることが難しくなります。

そんな風にしてパソコンを介してみんなで不正が起こらないよう監視し合い、信用を生み出すのです。

暗号通貨はこのようにして、銀行が関与しないため送金の手数料が抑えられることが大きなメリットと考えられています。

価値が変動する理由としては、暗号通貨を発行出来る上限が決められているためです。この希少性により、価値が付いてきます。石油とかと同じですね、限りある資源だと価値が高くなります。

また、自国の通貨の価値(信用の基となる政府)が不安定な国の富裕層の方たちは、暗号通貨の方が価値が下がるリスクが低いと考えれば、資産を暗号通貨へと変えようと考えます。暗号通貨の需要が高まれば、価格が上がります。

ざっと、こういった仕組になっているようです。

株価もそうですが、世界の情勢も関係して価値が変動するようです。

※素人解説です。正確性を求める方は、専門書などでご確認ください。

 

たしかに、私もこれからの日本のことを考えると海外にお金を逃がしたいと思う気持ちは大いにあります。しかし、住所のない国の銀行で口座を開設するには手数料などが多くかかったり、そもそも開けなかったりするんですよね。。。

そう考えるとグローバルというか、トランスナショナルというか、資産の持ち方の1つの手段として注目はしています。

が、最近は不安要素が多いので、実際手を出すには時期をみたいなと思っています。

そうやって、乗り遅れるのかもしれないですけど…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です