2回に分けて同じ系列のリノベーション系ゲストハウスをご案内いている2回目です。

※宿泊したのはちょっと前のことになるので様子が変わっているかもしれません。

こちらへはTocoさんの雰囲気でとても癒されたのとネット情報でのラウンジのデザイン性に魅かれて宿泊させていただきました。

Tocoさんと比較すると規模も大きいので宿泊者もお店スペースの利用者も多かったです。

最寄りの駅が蔵前なので、海外の方が利用するには羽田空港へも成田空港へも1本で行けて交通の便が良いようです。

日本人と思われる方もたくさんいましたが、海外の方の数もなかなかでした。

 

 

 

施設・お部屋

 

コンクリートな感じの建物で部屋やシャワースペースも無機質な雰囲気でした。夜遅くの出入りも多かったです。

私自身も部屋に入ったのが22時近かったのでお店スペースでピザを食べてアルコールを1杯飲んですぐに休んでしまい、他の人たちとの交流の機会はほとんどありませんでした。

同席になった方と軽い会話を交わした程度で、同部屋の方とは全然交流できませんでした。

お部屋のドアなど、使われている色はおしゃれなのですが温かみはあまり感じられない作りです。

女性専用ドミトリーで2段ベッド×4=8人部屋でした。

偶然、滞在中に地震があり、4階のお部屋だったように記憶しているのですが震度2でしたが結構揺れを感じました。

「このコンクリートの塊のなかで死んじゃうのは嫌」なんて思ったり・・・

 

宿泊者・スタッフ

 

ほぼ交流する機会はありませんでした。

お店スペースでイベントなどを開催されているようですので、そういったものが好きで楽しめるタイプの方であれば何かしら出会いがあるかもしれません。

人見知りタイプで「自分からも話しかけるぞ」っていう勇気がなければ友達作りにはハードルの高いゲストハウスのようです。

スタッフの方も悪い印象ではないのですが、おせっかいタイプではなくビジネスライクな接し方でした。

 

その他

 

朝ごはんもパンやコーヒーなどをお店部分で提供しているのですが、Tocoの家庭的なイメージとはかけ離れていて販売って感じでの提供です。

 

この辺りは建物の雰囲気や収容人数も異なりますし、コンセプト自体が別物ということで比較してはいけないのかもしれません。

リッチ的にはNuiさんの方が便利かもしれませんが、人情を味わうのであればTocoさんでしょうか?

個人的にTocoさんにはもう一度泊まってみたいなという気持ちがありますが、Nuiさんに関しては他のところを発掘したいなと思いが上回り優先順位は下の方です。

(寂しいおひとりさまの個人的意見です)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です