PRESIDENT11月号の本田健さんのコラムを読んでいてちょっと資産運用の時点が変化しました。

「一体いくら貯めれば私の不安は無くなるのか?」

この問いに対しては、寿命と給与や年金にプラスしていくらずつ遣うかを想定して計算し、「これくらい貯めれば、○歳で早期退職できるし、旅行にもいける」という風に考えていました。

だけど、多くの人が恐れているのは孤独な自分の未来や突発的な不幸であり「お金」ではないということです。確かに…

自分のお金がゼロになったときに助けてくれる人たちのリストを作ってみるというのも斬新ですね。

お金で対処できることもありますが、お金がなくても繋がれるほどの人間関係を築くというのも尊いなと感じました。

人間の欲である『集団欲』を上辺だけではなく、満たせる人間関係づくり。

こればかりはご縁もありますし、自分だけでな成し得ません。ただ、まずは自分が変わる必要はあるなと感じました。

私が無一文になっても手を差し伸べたくれる人たちと巡り会えるように、そして繋がりを大切にできるように自分も磨いていきたいです。

お金は大切だけど、お金だけでは生きられない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です