GWのアメリカ旅行ではワシントンとNYでスターバックス様に大変お世話になりました。(ボストンは他のカフェが多かったので行く機会なかったな・・・)

アメリカのスターバックスでは、注文方法は基本的に日本と同じで、欲しいものとHOT or COLDとサイズを伝えます。

最初に’Hello’とか、’元気?’的な声をかけられると思いますので、ハローと返したり、Goodと返したり、なんとなくごまかして対応してみましょう。

‘Can I have ~ ‘ とか ‘Can I get ~ ‘とかで注文をはじめてもいいですし、わからなければとにかく飲みたいメニューを伝えれば大丈夫!

そして、日本との違いは最後に名前を聞かれるということです。 

日本人の名前は聞き取りにくいみたいなので、真面目に伝える必要はなく適当に言うのでいいと思います。

例えば、YURIKOさんはYURIとか、TAKAHIKOさんはTAKAとか。

それでも間違えられて、YULYとかラベルに印字されてきたりします。

支払いはもちろんクレジットカードでOKです。

注文の品ができ上ると名前が呼ばれますので受け取ったら、ラベルにどのように印字されているか見てみてください!

この黒で塗りつぶしてるところが名前です。

値段はさすが本場ということで日本よりもちょっと低めの設定です。

この日本のグランデよりも大きいようなサイズのでもバニラクリームフラペチーノの方は5ドルしなかった。

グッズとかも日本では売ってないような特大サイズのタンブラーが売っていたり、かわいい柄のやつがあったりするので要チェックです!

特大のやつ29ドルくらいで買ってきたけど、大きすぎてまだ出番が来ていません。

別のお店(NYのトランプタワー)で飲んだドラゴンフルーツのやつもおいしかったです。

アメリカに行ったら本場でスタバに行きましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です