定期的に悪化するフェイスラインの大人ニキビに対してこれまでトレチノインAやハイドロキノンを使ってきました。

これらが効いているのか、ホルモンバランスの影響なのか、一時期よりはだいぶマシになってきました。

洗顔の時に触ってもちょこっとぽつぽつが触れる程度で大きなものはなくなっています。

ただ、やっぱり生理の前にはちょっと悪化するような気がします。

自己分析の結果、毛穴が詰まってできるタイプのものが多そうなので、これに対してトレチノインのほかに良い薬はないかと探していました。

さすがに夏はトレチノインで薄くなった皮膚を紫外線から守りきれるかどうか・・・と心配で。

今回、ネット通販で注文してみたのは新しいタイプのニキビ(面皰)のおくすりです。

『エピデュオゲル』という塗り薬で、従来からあるアダパレンと過酸化ベンゾイルの配合剤です。ビタミンAの作用があるため、トレチノインの代わりに毛穴つまりを予防する効果に対する期待も含めて使用し始めようと思います。

結局は皮向けがあるのかな?

とりあえずは副作用に注意して少量からうす~く塗り始めてみます。

人によっては鼻の毛穴にも効果ありということだったので、ニキビはできませんが鼻にもうっすらと縫ってみています。

こちらは「治ったらやめる」という薬ではなく「予防的に使い続ける」お薬になります。

まだ、使い始めたばかりなので効果も副作用もわかりませんが良い方へと転びますように!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です