公には公表されていませんが各地の医療機関で続々と

新型コロナウイルスの感染が確認された方の受け入れが始まっています。

基本的には、ウイルスを閉じ込めるために空気の流れが管理された陰圧室を持つ病院(病室)の利用からスタートしています。

1類、2類はあまり関係ないみたいです。

まぁ、例のクルーズ船だけで連日かなりの感染者が出ているので東京・神奈川・千葉だけでの対応は困難ですものね。

知事から?言われたら病院側としては拒否できないようです。

そして、今後陰圧室がいっぱいになってしまったら一般病棟での受け入れもするようにとの通達も出ています。

そのことに関しても、どの病棟で受け入れるのか病院内でもめています。

普通に考えれば、入院が必要な肺炎患者さんは呼吸器内科で治療を受けます。が、呼吸器内科で受け入れを拒否するケースもあるようです。

(↑普段は自分の専門領域のことを得意げに話しているのに、いざというときには自分が呼吸器の専門であることは棚に上げる。人間、みんな怖いのは一緒なのに。)

看護師としては、今回のケースは感染の認定さんやらの活躍がどのようになるかが注目される点だと思います。

実践者として活躍できるのか。それとも、上記の医者のように普段は偉そうにしているのに、いざというときに力を発揮できないか。

感染症と合わせて医療機関もかなりシビアな局面にきています。

確かに本音を言えば、私もできることなら担当したくありません。

テレビで言われているようにインフルエンザや普通の風邪と同じようなリスクだというのであれば、肺炎などの重篤な症状のない方、無症状だけど感染力のある方は病院に入院せずに自宅などで待機していてほしいです・・・

院内感染を広げないためにも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です