ソウルのシミ治療で2回目、3回目にお世話になったのは『シロアム韓方美容・ダイエットクリニック』さんです♡

前回の大失敗から、事前にインターネット上でたくさんの情報を収集しました。その中でこちらのシロアムクリニックさんが良いとの情報を見つけ、お願いすることにしました。

 

予約

HPから、問い合わせ先を確認し、メールで(英語で)シミのレーザー治療を受けたいこと、予約希望の日時をメールしてみました。すると、直接キムDrから日本語で返信がありました。

日本の大学病院(東京大学医学部内科大学院博士課程・慶應義塾大学病院皮膚科研修)にいたことがあるという女医の先生で、メールのやり取りは日本語で問題はありませんでした。

費用等に関しては、直接肌の状態を確かめてからではないとのご回答でした。

最終的にメールで知らせなくてはならないのは、

予約希望の日時、簡単なメニュー(施術内容)、パスポートに記載されているローマ字の名前、生年月日、ソウルへの往路・復路の便名と時間です。

日本語でも躊躇せずにメールしてみましょう!

 

02-523-8833、010-8718-0287(全て日本語可)

doctorsiloam@gmail.com

 

こちらは、日本語の電話などでも大事なようですが、私はメールでのやり取りしかしたことがありません。

ちなみにソウルのクリニックは日曜はお休みのところが多くなります。韓国の祝日もお休みになりやすいです。

旅行の予定と併せて早めに予約を済ませましょう。基本、予約なしでは受け付けてくれません。

↓シロアムさんの営業時間

月~金曜10:00~20:00(来院は18:00まで)

土曜10:00~16:00(来院は14:00まで)

※お昼に1時間の休憩あり、休憩時間および最終来院時間は予約・施術内容により変動あり 休日: 日曜、祝日、旧正月・秋夕(チュソク)の連休

 

アクセス 

ソウル特別市 瑞草区(ソチョグ) 方背洞(パンベドン) 984-1, 207号 / (道路名住所) 方背路 76

交通: 地下鉄2号線方背(パンベ、Bangbae)駅 1番出口出てすぐです。1番出口の階段を登ると左側に階段のある建物が見えます。

周りには時間を潰せそうな場所は見つけられませんでした…

 

受付~診察

受付後、荷物をロッカーに入れ(施錠できます)、名前を呼ばれるまで待ちます。そして、韓国語で名前を書かれたシールを胸に貼られます。

待合室は2カ所あり、診察室の前と同建物内同フロアの別室です。

別室ではパソコンや日本語の雑誌、飲み物が各種設置されており、比較的充実しています。

2回目にお世話になった際、スタッフがあつあつのプオンパン(日本のたい焼きの小型 フナバーション)を差し入れてくださいました。

日本ではなかなかない光景でおもしろ、嬉しかったです 😀 

名前を呼ばれてまず、クレンジングでお化粧を落としてから診察室へ案内されます。

診察では先生が自分のシミやほくろのタイプについて説明をしてくれます。

私は紫外線によるシミよりも肝斑が多く、以前治療を受けた後に復活したほくろは根が深く皮膚も薄い部分なので取り去ることは難しいと教えていただきました。

どの部分にどんな治療(レーザーの種類)をするか、金額も提示しながら丁寧に説明をしてくださいました。

結果として私はダウンタイムの無い=テープの貼らないレーザーで何回かに分けてシミを薄くしていく方向性で2種類のレーザーを使用していくになりました。

大きなほくろはないため、先生からの説明を受けてほくろの治療は希望しませんでした。

 

レーザー後

レーザーを当てた部分のシミは濃くなります。

隣の部屋へ通されて氷?アイスノン?のようなものでガッツリ冷やされます。炎症を抑えるのでしょう。

軽くマッサージ見ないなこともしてくださり、ウトウトしてしまいました。

施術後は、用意されている日焼け止めやBBクリームを利用することができます。クシなども置いてありますよ。

その後の予定に合わせて身だしなみを整えましょう!

 

支払い

クレジットカードの利用可能です!TAXリファンドの手続きもありますのでパスポートもお忘れなく。

炎症を抑えるお薬などもここで受け取ります!

 

こんな感じで終了です。私は2回目に行った時はオマケで多めにレーザーを当てていただきました♪

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です