『ジュラシック・ワールド 炎の王国』見てきました。

ネタバレも一部含んでしまうと思いますので、これから見に行く予定で内容を知りたくない方は読まないでください。

 

 

感想を極限で表現すると「恐竜をみるためには良い映画」です。

主人公カップルは変わりありません。

中身(お話がよく作られているかどうか)は別物と思ってもらった方がいいと思います。そのための映画ではないですね。

話の展開でハラハラ、ドキドキというよりも、恐竜にやるかやられるかでビクビクする感じです。それはこれまでと変わりません。

見たことはないのですが、ゴジラを連想してしまう場面がありました・・・

ゴジラを見る人も私がジュラシックパークやジュラシックワールドをみるのと同じような感覚なのでしょうか?

私のような単純な恐竜好きにとってはたくさん恐竜たちが見られる貴重な映画です。かわいい、かっこいい恐竜たちがたくさん出てきます!実際は毛が生えていた説もありますが、恐竜たちの容姿は前作と変わりないです。出てくる種類にも変わりないですね。

『ブルー』を代表とするヴェロキラプトルや海のモササウルス、T-REX、ブラキオサウルス(アパトサウルス?)などなどが登場します。パキケファロサウルスも活躍してくれて、かわいいです♡

何がかわいいって目がかわいい♡

THEアメリカっぽい要素も多くて、バイオっぽいネタであったり、戦争(兵器)、権利みたいなものが盛り込まれています。

毎度のことですが、『人間のエゴ』についてもテーマなんでしょうね。

今回は人間だけでなく、たくさんの恐竜たちの命が失われていく場面もあり、悲しかったです。人間が生み出したのに悪者にされてしまうインドミナスもかわいそう。人間が殺戮兵器として遺伝子操作して生まれた結果、悪者って・・・

島で平和に暮らしているなら、本当にそのまま放っておいてあげてほしい。

続きがありそうな終わり方です。ウー博士たちもいつの間にか逃げてしまったようですしね・・・

「恐竜をみてみたい」とは思うもののやっぱり人間がコントロールできるものではないというか、コントロールしてはいけないという気持ちが強いです。妄想するぐらいがいいのかもしれませんね。

街に繰り出した恐竜たちが悪者にされないでほしい・・・と願うばかりです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です