昨年末と比べると話題性は少ないですが、仮想通貨も資産運用の選択のひとつです。

流れに乗って、説明や仕組みをあまり理解せずにはじめられた方もいると思います。(本当は良くないことだけど、ノリでとか)

しかし、この仮想通貨は年間20万円を超える利益を確定した場合、確定申告と納税の義務が生じます。

「利益確定」とは、手持ちの仮想通貨を売って円に戻す、買った仮想通貨を別の仮想通貨を買う資金に充てる、仮想通貨を買い物に利用することなどを含みます。

確定申告も通常の株や投資信託と比較すると難易度高めです。

私は株は「特定口座(源泉徴収あり)」を利用しているので、金融機関が代理で申告をしてくれているということになります。

また、課税の仕組み自体が株とは異なっています。

株は「申告分離課税」なので、儲けを出しても給与などの所得とは別々に課税されます。

一方で、仮想通貨は「総合課税」で申告の区分が「雑所得」となり、給与所得と総合して課税されます。

年間所得が700万円の人が、仮想通貨で300万円の利益確定をした場合、年間所得は合計の1000万円とみなされます。

「総合所得」では、所得が高いほど高い所得税率が課せられています。(累進課税 税率5~45%)

確定申告をするためには、実際に仮想通貨でどれくらいの収入を得たのか取引期間での売買履歴を調べ、明細を作らなければなりません。(取引手数料、セミナー関係費用、仮想通貨に関する書籍代などを経費として差し引くことも可能)

大変な作業ですが、これをしなければ脱税。犯罪です。

期限内までに済ませなければ、無申告加算税という罰金が科せられるリスクもあります。

いずれ税制が変更になる可能性もありますが、まだ今のうちはきちんと申告が必要です!

税金は取られるのではなく、国民の義務です。

日本はその辺の教育が諸外国ほどされていませんけどね・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です