医療系の学会に初めて参加される方へ。

2日前にアップした学会参加の服装に引き続き、今回は立ち振る舞い方についてご紹介させていただきます。

参加方法

・事前登録

当日参加よりも金額が安く設定されています。

事前登録の締め切りは学会よりも1か月くらい前だったりしますので、確認をしておきましょう。

学会の会員かどうかでも金額が異なります。

事前に参加証抄録郵送されてきます。

(会員は参加証には所属や名前が印字されています。)

忘れずに持っていきましょう!

 

・当日参加

事前登録よりも1000円~2000円くらい割高です。

ただ、予定がわからない場合は当日参加しかないですよね。

学会によるのですが、申し込みみたいな書類に記入して、会場の受付で費用を支払うと参加証を渡されます。

近くに机があるのでそこで自分の所属や名前を書き、机に置いてあるホルダーに入れて首から掛けます

※当日登録の方も抄録は購入した方が良いです。

 

荷物は?

会場の案内図を確認しましょう。

クラークが必ずありますので、大きな荷物はそちらに預けましょう。

荷物に札をつけてくれて、引き換え用の札を渡されます。

午前中であれば、会場へ向かいたい気持ちを抑えて、ランチョンセミナーの券をもらいに行きましょう!

 

ランチョンセミナーとは?

 

お弁当を食べながら話を聞くタイプのセミナーです。

人気のものはすぐに券が終わってしまいます。

急ぎましょう!

開始時間前に会場入り口に列ができるので並んでいると、入り口で券と引き換えにお弁当と飲み物、資料を渡されます。

こちらも席は自由です。

開始前にお弁当を食べ始めて大丈夫です。

そちらの方がセミナーの最中に話に集中しやすく、メモも取りやすいです。

話が始まると照明も落とされます。

お弁当はスポンサーの業者さん(製薬会社がほとんど)から出るので、ランチョンセミナーでは最初に薬の案内があり、それから話が始まります。

学会発表よりも一般的な内容が多いため、結構勉強になります。

※事前登録時にランチョンセミナーを申し込むタイプの学会もあります。

 

口頭発表を見にいこう!

 

抄録の最初の方にスケジュールがついています。

ホームページでも事前に確認することができます。

 

その会場へ移動しましょう!

発表者の席以外であれば、どこに座っても大丈夫です。

質疑の時間がありますが、ないからと言って指名されることはありませんので、目の悪い方は前に行った方がスライドは見やすいですよ。

なんとなく行ってみて、自分の興味がなければ他の会場に移動しても問題ありません。

が、発表者や他の参加者の邪魔にならないように配慮はしましょう。

なんとなく行ってみる場合は出やすい位置に座ってみましょう。

興味のある内容は、抄録などにメモっても、持参のパソコンに記録してもOKです。

 

ポスター発表を見に行こう!

 

ポスターは会場で自由に見ることができます。

発表の時間が設けられている学会とそうでない学会があります。

発表時間がある場合は、その時間に行けば研究者に質問することができます。

終了後に声をかけて面識を持つ機会にもなります。

名刺を持っていくといいですね!

 

その他、学会では飲み物はフリーで提供されていることが多いです。

ランチョンセミナーのほかに、イブニングセミナーモーニングセミナーが企画されている場合もあり、軽食が提供されます。

抄録に参加方法が書かれているため、要チェックです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です