昨日、6月29日は『夏のボーナス』支給日でした~。

6月30日が土曜日だったので、一日だけ早かったです。

私自身は今現在、公務員という立場ではないのですが、職場がもともと公営だったのが民営化されている関係で、毎月の給与やボーナスの支給日は公務員と一緒です。

(給与の支給日は、地方と国家の違いはあるみたいですね。)

まぁ、内容は大したことありませんでしたけど・・・

もらえないよりはちょっとであったとしてももらえた方がいいに決まっていることはわかっています。

が、ニュースで見る大企業や公務員の方々の支給額の平均値とかを見てしまうと、正直悲しくなってしまう自分がいたりします。

『国家公務員に29日、夏のボーナス(期末・勤勉手当)が支給された。管理職を除く一般行政職(平均年齢35・9歳)の平均支給額は、約65万2600円で、前年同期に比べ約1万500円(約1・6%)増えた。政府は、昨年の人事院勧告に基づいてボーナス支給月数を0・05月分引き上げたことなどが要因としている。』

自分の平均年齢もこのデータと近いところなので比較しやすいのです。が、こんなにもらえてません(泣)

10万円以上も低いんですけど・・・

これだけ差があると、「もし、公務員だったら〇〇買えたのにな~」「シミ取りレーザー 3回くらい当てられたな~」とか妄想しちゃいます。

私の兄弟も国家公務員で、とっても大変な想いをしてがんばって働いていることはしっています。

だけど、ちゃんと働いてないのにもらえている奴が万が一いたとしたらそれは許せないな~。せめてもの心の救いとして、皆さんがそれだけのお金を得られるくらいのお仕事をしてくれていると期待したいです!

そうそう、「両親にご飯おごるよ!何食べたい?」と聞いたら、気を使ってか?「餃子の満州にいきたい♡」というのでお連れしました。安上がりな良心でよかった(笑)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です