手元に100万円あったとして、20代までの私にはそれを「貯金する」という発想しかありませんでした。

未だに後悔していますが、時間は戻せません。

「投資しなさい」とアドバイスできるものならしたいです。

現在の銀行の定期預金の利息は0.01%とか・・・

10年預けても、増える利子分は1450円程度。

それでも元本が保証されるし、何もつかないよりましと思いますか?

実は10年くらい前の私には投資という発想はなかったのですが、外貨預金という発想はありました。ギャンブルっぽい株とかと違い、「貯金」というのはなじみがあったんですね。

ちょうどリーマンショックの時にオーストラリアのシドニーに住んでいたのですが、その頃のオーストラリアの銀行(コモンウェルスやNYZ)の金利は6~7%でした。

100万円預けてたら、1年で6万円、10年預けているだけで60万円。

あっという間に1.5倍ですね!

「それってすごい!したい!したい!」と思ったのですが、うまくはいきませんでした。

現在はどうなっているかわかりませんが、当時は住所地がオーストラリア内にあることが前提でないと利用できませんでした。口座は、仮住まいの住所で開設できても、さまざまな書類が住所地に届く・・・日本に戻ってきたら、もう利用できない。

語学留学だったので、そんなに何年も済み続ける予定もなく、オーストラリアへ行く前に開設していた日本の新生銀行の口座で外貨定期を始めました。

為替手数料ははっきり覚えてはいませんが高く感じました。

しかし、豪ドルが60円台だったので、その時使えるお金の範囲でネットバンキングで150万円ほど豪ドルに換えました。現地の銀行には劣りますが、4%の金利が付きました。

当初は5年定期で預けていましたが、その後は2週間定期に変えています。

2週間定期の利子は、2.5%くらいだったものが、今では1%です。

減ってしまったものの日本の100倍です。

10年近く経過し、為替の変動にもよりますが、300万円までは到達しないものの200万円は軽く超えました。

今現在でも、5年定期で2.5%、3年定期で2%の利子が付くのですが、タイミングを計り米ドルに移行していきたいなという思いがあり、解約しやすいように、2週間定期を選んでいます。

なんだかんだ言って将来強いのはアメリカかなという根拠に基づかない直感です。

オーストラリアは穏やかで、できることならいつか住みたいなという思いもあり、豪ドルで持っていたのですが、最近は移住をあきらめつつあります。

現実が見えてきちゃったんですよね。

オーストラリアも日本ほどではありませんが少子高齢化が進んでいます。

発表されているデータやスーパーで売られているものを見る限り、食料の自給自足はかなり高い国だと思います。そして、資源もあると思います。

が、産業があまりない。日本と同じ島国ですが、立地があまりよろしくない。

水不足などの問題も深刻です。公用語が英語だということはよい点だと思いますが、中国の影響を受けすぎることが私の心配の種です。

トランプ大統領の発言には同意できないことも多いのですが、未来を考えると同じ移民国家でもアメリカの方が強いと予測して、お金を動かしていく予定です!

数年前みたいに、1AUSドルが100円超えてくれるといいのにな~。

ちょうど、その頃に旅行でシドニーに行っていて損をした気分になったな~。なんて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です