日曜日にイープラスの貸切公演で宝塚雪組の『壬生義士伝』を見てきました~。

大好きな雪組なんですが、原作の『壬生義士伝』は知らない状態で行きました。

ハッピーエンドでなさそうな気配は感じていましたが・・・

以下、ネタバレなのでご注意を。

今回も、望海さん死んでしまうのか・・・

そして、トップ二人のお得意分野である歌が少なすぎる!!!

ということで、正直なところ不完全燃焼です。

個人的な好みで望海さんには和モノでなくて洋モノをしてほしいという希望も含まれていますが。

あとは、あとは、田舎者の役をしてほしくない!みたいな。

さすがのおふたりの演技力なので泣いてしまいました。

あとは別の収穫として、沖田君良かったわ~。

あんまりマイナスポイントばかり書きたくはないのですが、ショーで麻彩さんの通しの曲が聞けなかったのもちょこっと残念でした。

イープラスの貸切公演ということで、ところどころ掛け声が「イープラス!」になってました。

あとは途中気付かずに、最後の望海さんのあいさつでわかったのですが横向きで怪しい行動をしているなと思っていたら『E』を表現しようとしていたみたいですね。

気付けなかったわ~。

かわいらしい。

次は全国ツアーです!!良い席ではないけれど何とか確保しました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です