今年度から専門看護師の認定試験の方法が変更になるのですね。

今年の4月にコースを修了した学生さんから情報を提供していただきました。

これまでにも変更されてきましたが、今年度からは報告事例の提出が1事例も求められないとは驚きです。

先輩方のお話では最初のころは提出しなくてはならない事例数も多く、当日提出だったと聞いたことがあります。

その後、6つの機能(実践、相談、調整、倫理調整)のうち3事例の報告を1次審査として提出していました。

人数は多くありませんが、1次審査が通らない方も毎年数名はいらっしゃったようです。

今年からはその事例提出が無くなり、これまでの2次審査と同じ事例問題と総合問題だけで審査されるということになります。

報告事例の提出がなくなることはラッキーなようですが、事例をまとめる課程でCNSの思考のまとめ方を見直すこともできていたため、ちょっと怖さも感じます。

母性は私の受けた年度では、事例問題は2事例から1事例を選ぶ形式でしたがそういったところにも変化があるのでしょうか?

いずれにしても準備として、それぞれの機能にそって事例をまとめてみるということは大変ではありますが力になるのではないかと思います。

まだちょっと先にはなりますが、どんな風に試験に向き合っていくのか。

認定看護師に臨まれる方たちが力を発揮できるよう祈っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です