私はゲストハウスステイが大好きです!

なぜなら、安いし、楽しいから。

2段ベッドだったりするのでプライバシーがとても気になってしまう人には向きません。

しかし、共有スペースがあったりしていろんな人たちと交流するチャンスがあるんです。

宿ごとの特徴(オーナーさんの特徴)なんかがあるのも魅力的ですね。

だけど、正直なところ新型コロナウイルスの流行している状況ではゲストハウスは大きなダメージを受ける、もしくはすでに受けているのではないかと思います。

もともとゲストハウスはインバウンド需要を見込んでいるところもあるようで、私が滞在した国内のゲストハウスもターゲットを外国の方に当てているところも多かったです。

そうなるとインバウンド需要の見込めない現在は他の宿と比べても集客は劣るでしょう。

また、構造上感染リスクが高いです。

安いお部屋は相部屋ですし、個室でもトイレやシャワー、キッチンは共同のところが多くなっています。密です!!!

スタッフも少ない人数で回しているため、そこまで消毒もできなそうですし。

不特定、しかも海外の方が多そうな環境のため、感染を避けたい日本人はしばらく利用を控えてしまう傾向も考えられます。

私も国内の旅行が解禁になっても、とりあえずは普通のホテルを選んでしまうと思います。

これまでお世話になっていて申し訳ないのですが、ゲストハウスはリスクが大きいです。

残酷なようですが、無くなってしまうゲストハウスも出てくるのだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です