新型ジムニーのインテリアはやっぱり他の車種とは違いますね。まずまず、キャッチコピーが「過酷な環境での操作性を追求したインテリア」!

まぁ、そういう車ですものね。今回は一般的ではなかったものをご紹介いたします。

サイドアンダーミラー付きドアミラー

車両側方を視認しやすいように、フロントガラス下端の前側に段差を設けてあります。さらに、2面鏡を装着したサイドアンダーミラー付きドアミラーが、助手席側面方向の視覚低減をサポートしてくれます。

ちょい前に相方がバイクで左折する車に巻き込まれたので大切な装備だと思います!

XCとXLの機種では、ヒーテッドドアミラーも装備されています。ドアミラーの曇りを除去したり、付着した雪を溶かして後方の視界の確保をサポートしてくれます。

ヘッドランプウォッシャー(XCのみ)

ヘッドランプに付着した泥や雪などを洗い流し、前方視界の確保をサポートします。

チルトステアリング

最適なドライビングポジションを作り出せるように35mmの幅で調整できるチルトステアリングが装備されています。

ハイビームアシスト(XC)

約30km/h以上で走行中にドライバーがライトのスイッチでAUTOオートかつハイビームを選択しているときに、周囲の環境に応じてヘッドランプのハイビームとロービームを自動的に切り替えてくれます。

対向車や先行車がある場合や周囲に街路灯があるような市街地を走行している場合はロービームとなります。

防汚タイプラゲッジフロア(XC、XL)

リヤシートを倒したときの荷物は、入り口から奥まで段差がなくフラットに設計されています。さらにクォータートリムの張り出しを小さくして、横幅1300mmのワイドなスペースが確保されています。リヤシートの背面と荷室を樹脂化した防汚タイプラゲッジフロアが採用されています。汚れに強いだけではなく、荷物の出し入れもスムーズにできるようです。

このスペースで車中泊もできちゃうかしら?私、背小さいし(笑)

クラスが上がればそれだけ、魅力的な装備は増えますよね。そこのバランスを測るのも楽しいような、難しいような。私の場合は売るときの下取りの値段への影響も考えます。

それなので完全に自分の好きなようにはしませんね。

ちょっといいクラスにしようかな?とか、売るならこの色がいいかな?とか考えちゃいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です