新型ジムニーの安全性能についてみてみました。

燃費などはいただけませんが、安全性能はなかなかいいですね〜。

・デュアルセンサーブレーキサポート

単眼カメラとレーザーレーダーで車や歩行者を捉え、自動ブレーキによって衝突を回避または衝突時の被害軽減を図ってくれます。

自動速度約5km/h〜100km/h(対象が歩行者の場合は約5km/h〜60km/h)で走行中、前方の車両や歩行者を検知してシステムが衝突の可能性があると判断した場合、作動します。

・誤発進抑制機能

セレクトレバーがD 2 Lレンジの位置で停車または徐行中(約10km/h以下)、前方約4m以内の障害物を認識します。

間違えてアクセルペダルを踏むと、エンジン出力を最長約5秒間抑制し、急発進・急加速を抑制してくれます。同時にブザー音とメーター内の表示によって警報を発し、衝突回避または衝突時の被害軽減に貢献してくれます。

最近はブレーキとアクセルの踏み間違いによる事故をニュースで良く目にしますので大切な機能だと思います。

・軽量衝撃吸収ボディーTECT

衝突時の衝撃を効率よく吸収、分散してくれるボディ構造を採用しています。さらに高張力鋼板やコンピューターによる構造解析を駆使して、安全性の向上と軽量化の両立を実現しています。

・歩行者障害軽減ボディー

ボンネットやフロントワイパー周辺、フロントフェンダー、フロントバイパーなどに衝撃吸収構造を採用しています。万一の歩行者との接触時に、頭部だけでなく脚部へのダメージの軽減を図ります。

頭部障害軽減として、衝撃吸収カウルトップ構造やフードヒンジ、フードパネルなどを使用。

絶対に事故は起こしたくないものですが、万が一の備えはやっぱり必要だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です