私自身独身の寂しい(?)独り身ですが、そんな独り身の女同士で集まる機会が度々設けられております。

最近になって友達になった独身女性たちは、割とバイタリティ溢れる楽しい方々が中心です。

そういうパワーのある自立した女性に魅かれる部分があるんだろうなと思っています。

そんな彼女らとの会合は刺激的でとっても楽しい!有意義な時間です。

一方で、古くからの友人でだらだらと付き合いを続けている会があります。

そんな独女仲間との会話はいっつも、なんにも進歩・伸展がありません。

気心は知れているだけに楽チンだなと思いつつも、『時間の無駄』と思ってしまうことがあります。

(私ってはひどいヤツ)

そんなに頻繁に会うわけではなく、年に2.3回程度、中学時代の同級生と集まります。

最初は結構な人数がいたのですが、結婚や出産を機に一人消え、二人消え・・・と今では私を含めて4人となりました。まぁ、話するにはちょうどいい人数です。

見た目は皆そこそこで、わたくし基準では皆不細工ではありません。

体型も標準です。モデル並みとはいきませんが太っている子はいません。

仕事はバラつきがあり、お給料のよい正社員の子と普通の私と少なめの子、非常勤であまりお給料は良くない子という感じです。

私は結婚の予定はありませんが、今のところお付き合いしている人がいます。

相手次第ですが、子供は望まずこのまま内縁関係でもいいかなと考えています。

他3人は、今現在といいますかもう10年以上お付き合いしている男性はいない様子。

飲み会・お食事会という名の合コンやお見合いパーティーなど婚活をがんばっています。

「今が幸せなら、別に結婚とか必要ないと思うんだけど」と発言したところ、「私は幸せじゃない!」と猛反発をくらい、みんなどうしても結婚したいのだと。

結婚相手には多くを望まないとも話しています。

が、「どうしても」という割には、妥協を許しません。

30代も半ばにさしかかろうとしているのにみなさん男性陣には厳しめです。

一緒に参加をしていないので何とも言えませんが、話を聞く限り条件はよさそうな男性たちでも彼女たちのお眼鏡には叶わない様子。

そもそも条件のいまいちな男性は合う以前に切り捨てているのだと推測します。

そんなことしてるうちに年を重ねてしまっている事実を彼女たちは受け止めているのでしょうか?

彼女たちは既に選べる側ではなく、選んでももらえたらラッキーぐらいな立場だということに。

最近は、一緒に過ごしていても面白くはありませんがまじめで根はいい友人たちなので現実を受け止めて幸せになってほしいなと願っております。

ちょっとずつ、現実を受け止めるよう発言していますが真剣にキャッチしてもらえていなくて不甲斐ないです。。

と、久々にリアルな気持ちを吐き出してみました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です