男性の体臭に関しては、『加齢臭』と言われることが多いように思います。

「お父さんの枕がくさい・・・」「年だからね・・・」みたいな。

しかし、年齢によってにおいの原因が違うらしいのです。

(by 東北大学 坂井信之 教授)

まずまず、若い人は代謝がよく、汗もたくさんかき、皮膚の常在菌も多いので汗と菌が混ざってとってもくさくなります。

因みに一般的な汗臭は脇のにおいだそうな。

が、中高年と比べるとそんなに嫌がられませんよね。

見た目ではなく、目隠しをしてにおいをかいでもらうと若い人でもくさいのです。

30代、40代のにおい『ミドル臭』、正確には『ミドル脂臭』とは、チーズの腐ったにおいや、ビールが参加した臭い等の成分がいくつか含まれていて、誰が嗅いでも嫌なにおいです。

結構ひどいですね・・・

ジアセチルという汗に含まれる乳酸が頭皮等のブドウ球菌によって代謝・分解されて発生する物質と、皮脂(中鎖脂肪酸)が混ざって発生するにおいです。

50代以降に出てくる『加齢臭』は2-ノネナールという化学物質が原因のにおいです。

枯草やたたみのようなにおいでそれ自体はとっても嫌なにおいという訳ではありません。

この臭いは「いいにおい」と感じる人と「くさい」と感じる人が両方います。

知らないにおいは非常にネガティブに捉えられてしまうため、におい対策と言って香水などを使いすぎるのも人によっては悪印象を与えかねません。

万人に受けるには『無臭化』を狙うことが得策です。

対策としては動物の油成分を含む汗を抑えるために、脂っぽい者は控えること。汗ふきシートなどで表皮の菌を抑えることです。

ただし、瞬時の殺菌はいいのですが、殺菌しすぎるのも不都合が生じるため注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です