時間が経つのは早いもので、2019年の専門看護師(CNS)認定試験も無事に終わったようです。

今年からは試験の形式が変更になりました。

これまでは一次試験といいますか、これまでの経歴と共に専門看護師の機能とされる「実践」、「相談」、「調整」、「倫理調整」の中から3つ選び3つの事例を提出していましたが、この事例提出がなくなりました。

正直、この事例の作成を通して日々の自分の活動を振り返ったり、文書化したりする力を養って二次試験へと向かっていたのですが、この事例作成の手順がなくなったことにより事例をまとめる力は自分で培う他なくなりました。

2次試験(今回は本試験)の出題形式はどうなるのか読めないでいましたが、後輩から報告を受けました。

出題はこれまでとほぼ同様だったようです。

採点基準がどうなるのかはわかりませんが、本番一発勝負はそれはそれでドキドキしてしまいますね。

受験された方はきっと「疲れた」の一言では言い表せないくらいの「お疲れ」だと思います。

結果が出るまで落ち着かないと思いますが、そのうち考えることも減ります(笑)

結果発表が近づくとまたソワソワしてくると思いますが、今はぜひゆっくりと休んで、自分を労わってあげてほしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です