Go to travel キャンペーンについにのっかってしまいました。

コロナの第3波が来つつある(すでに来ている?)ところではありますが、予定通り遅い夏休みをいただけました。

今回は今まで行ったことのない近めの場所で非日常を体験したいというコンセプトのもと旅行を計画しました。

その結果、選んだのが『伊豆』です。

その中でも普段行きにくい西伊豆と南伊豆を中心に車でめぐってきました。

伊豆の中でも比較的行く機会があるであろう修禅寺のあたりは外しました。今回はちょうど順天堂静岡病院関連でクラスターが発生していたので良い選択だったようです。

それほど見どころがたくさんある訳でもなく、平日だったこともあり、人は少なめでした。

まずは『なまこ壁』とやらを見に。

無料の駐車場もあり、範囲はとても狭いのですがふらっとお散歩気分で楽しみました。(お土産屋さんとかはないくらいの規模です)

そして、二つ目の目的は「夕日」です。お天気にも恵まれて、夕日を見ることはできましたが、想像以上に西風がすごくて本気で吹き飛ばされるのではないかと思いました・・・。

こちらは宿泊した民宿『高見家』さんで教えていただいたスポットです。他にも観光客が数名おり、写真をとってました。

途中、小さな漁港を抜けていくのですが、そこにいた猫がかわいかったー。

今回は写真を撮り忘れてしまったのですが、初民宿の『高見家』さんすごくよかったです!

感染管理もきちんとされていて安心して滞在することができました。

夜ごはんの船盛はとても豪華でおなかがいっぱいになりました。アワビやてんぷらも温かくおいしく食べれるように配慮していただき、感謝です。品数がとても多くてびっくりしました。

そして、朝ごはんも焼き魚やお味噌汁、海のものを使ったおかずたちがおいしかったです。

コロナ騒動がなければ、夏休みは海外旅行に行ってしまって西伊豆の民宿に泊まろう!とはならなかったのである意味貴重な体験をできました。

民宿から歩いて海へ出る道にはたくさんの民宿があります。探検するような気持で散策しましたが、どこも穏やかな空気が漂っていました。私にとっては非日常的な時間を過ごしてリフレッシュできました。

他の民宿も気になりますが、『高見家』の皆さんのお人柄にひかれて、またこちらに戻ってきたいなと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です