ずっと気になっていました上野の国立科学博物館で特別展示されている『人体 神秘への挑戦』へ行ってみようと6月3日(日)に出かけてきました。

http://www.kahaku.go.jp/exhibitions/ueno/special/2018/jintai/map.html

が、完全にリサーチ不足でした。

お昼過ぎ頃、到着し、入り口付近に行列ができていなかったので、「皆さん人体には興味がないのかしら?」なんて思っていたら。

お兄さんが「待ち時間は180分です。」と言ってる割には、列は見当たりません。

どういうことだろうと思って近づくと。

今からの入場は「現在の入場は15:30ですからです」という案内が貼ってありました。

券売りはぜんぜん並んでませんでした。

並んだ順ではなくて、入場時間制になってたんですね。

今日は暑かったですし、気分的に3時間半も待つ気分ではなかったので諦めました。

甘かったです。

展示が6月17日までなので行けないかなと思ってます。。。

見たかったなぁ。ダビンチの人体解剖図

そして、アンドレアス・ヴェサリウス『ファブリカ』

これ、めっちゃ見たかったなあ。

そういえば、数年前にやっていた「医は仁術」みたいな特別展示も平日の午前に行ったにも関わらず、激混みでした。その時は、並ぶ形式でしたけど。

やっぱり、皆さん人体に興味ありますよね。残念です。

とりあえず前売り買わないでおいてよかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です