大阪では1/6~2/22の期間でGalaxy Studioという名前だったようですが、東京では1/6~9月(未定)Galaxy Showcaseとして展開しています。

場所は、原宿です。オークリーとかのショップの近くでした。

私が訪れたのは2月末の平日の13:00すぎくらいでしたが、建物の入り口に沿って外で待っている方が6人いました。

年齢層的には大学生くらいの子が多かったです。もう春休みに入っているのかな?なんて思いながら列に並ぼうとしたところ、すぐに建物内へと案内されました。

入口のスペースで、スタンプを押してもらう紙のカードを手渡されます。建物内は1階~3階でそれぞれにアトラクションが用意されています。各階で集めなくてはならないスタンプの数が決まっていて、このノルマを達成するためにがんばる形式です。

私たちは最初に1階へ行くよう誘導されましたが、その時の込み具合によっては2階に先に案内されることもあるようです。

※ここで注意ですがこちらは無料のイベントです。それなりに企業さんへの見返りがなくてはならないので、Galaxyの製品の説明をきかなくてはなりません。

<体験談>

 

1階スペース

360度のカメラを使用しての静止画や動画撮影の体験、写真をおしゃれに見せるために背景をぼかす機能やデコレーションなどのカメラ機能の説明、腕時計型の製品を利用してのフィットネスを体験するブースがあります。

個人的に楽しんだのは「フィットネス」でした。自転車とボートがあるのですが、ボートに挑戦しました。友人と競い合い、勝ちました!

だから、楽しかったんですね。きっと。

 

2階スペース

ピョンチャンオリンピックで使用されたものと同じ聖火のトーチを持って記念撮影、防水機能の体験、がっつりとGalaxy製品の説明、プラネタリウムスペースでの写真の撮影をするブースがあります。

ここは、正直それほど「楽しい!」って感じではなかったですね。

製品自体は純粋にすごい機能だなと思うのですが、スタンプ欲しさに話を聞いた感じです。

 

3階スペース

ここでは4種類のVR(バーチャルリアリティ)を体験することができます。

「どれがやりたい」と選べる形式ではなくて、列に並び、空いたところへ案内されます。

混雑の具合で繰り返し並び直すことはできるようです。フライングダイナソー?みたいなやつ、カヤック、スケルトン、宇宙?みたいなやつが体験できます。

みたいな?ばっかりでごめんなさい。体験していないものははっきり覚えていなくて。。。

私はラッキーなことに一番興味のあったダイナソーに当たりました。

体や足をガッツリ固定されて、途中逆さまになってるような感覚を味わいました。(酔います)

終わってから、「逆さまになったような感じだったね!すごいね!」なんて話をしていたら、「なってたよ。」と友達に返されました。錯覚ではなくて本当に逆さまになります。

そういうのがダメな人は避けましょう。

 

スタンプを規定以上集めると、ガラス張りで外から見える場所でスターツアーズのようなVRのアトラクションを体験することができます。

こちらはエイリアンをシューティングするものなのですが、やっぱり酔います。

寝不足ではなく、体調は万全で臨んでください。

その他にも、こちらのイベントではオリジナルトートバックがもらえたり、ツイッターやインスタに写真をアップすることで甘いドリンクを獲得することができる特典もあります。

 

東京で最先端の技術を体験し、おヒマをつぶしたい方にはおすすめできる無料イベントです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です