私の兄弟は国家公務員です。

そんな彼の働きを見ていて思うこと。

めちゃくちゃブラックじゃないか!

とある省庁に勤めているのですが、国会期間中はほぼ会社に寝泊まりしています。

(寝る部屋があるわけではなく、デスクで寝ています)

カレンダー通りの勤務のはずですが、土日祝日もかなりの確率で出勤(サービス?)しています。

家に帰れたとしても、6時過ぎには寮を出て、7時には働きだしています。

そして、早く帰れる日でも21時過ぎ。

ほとんどは終電様です。

知らなかったのですが、終電後に国家公務員の宿舎へ行く用の臨時のバスがあるんですね。

それって、もう終電逃す前提での仕組みではないですか?

恐ろしい。

私が問題だと思うのはタイムカードがなく、正確に勤怠管理されていないこと。

視えなくするためにワザと導入されていないのだと思います。

データとして出てきてしまったら、国としてまずいから。

メンタルヘルスどうこうという問題もありますが、普通に心臓や腎臓など様々な器官に影響があり、突然死を起こすリスクも高まるでしょう。

だって、ほとんど寝てないですもん。

身体おかしくなりますよ。

デスクで寝るなんてエコノミークラス症候群的な症状も起こしやすいですよね。

だけど、それが数名ではなく、多くの国家公務員がそのような生活を送っているようです。

国の中枢では普通の事のように。

日本ておかしな国。

異常な国。

国家公務員を減らすのではなくて、やっぱり減らすのは国会議員でしょ?

国家公務員の数を減らすのであれば、業務も減らしてあげて。

決して余裕があるとか、余ってるとかってわけではないのですから、人数を減らせばそれだけ彼らの負担する業務がもっと増えます。

文書の事が問題になっていますが、無駄な文書は減らしてほしい。

(問題の文書が無駄なものという訳ではありません)

私の職場でも、なんでもかんでも起案を回すように言われます。

ろくに見られずに印鑑だけ押されていく文書。

本当に本当に必要なのだろうか?

公務員てたたかれることも多いけど、決して全員がいい思いばかりをしているわけではないと思います。

(地方公務員はわかりませんが・・・)

むしろ私は彼を見ていて国家公務員になりたいと思うし、彼にも辞めさせたい。

国に大事な家族を殺されるのではないかと怖い。

働き方改革とかいろいろ言ってるけど、普通に考えてあんな働き方じゃ家族を養うためのお金は稼げても、家族と過ごせる時間がほとんどないじゃないですか。

女性だって、子育てしながらあんな働き方できないでしょ?

最近の彼の働き方を見ていて本当につらいです。

家族として何とかしたいです。

すみません。何もできない自分に苛立ち書いてしまいました・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です