もうそろそろ専門看護師(CNS)の認定試験の時期ですね。

知り合いから「あと1か月、何をしたらいいですか?」とアドバイスを求められました。

私は何をしていたのだろうを過去の記憶をたどりました。

自分だけでなく皆さん仕事をしながら、試験に向けての準備をされることと思います。

通常業務+αでの時間調整はなかなか難しく、気がつけば試験になっていて、気がつけば終わっていました。

ただ、その中でも不安にかられる日々ではありました。

自信を持ち切ることもできないため、やっぱり勉強してました。

看護協会のホームページをみて、今年の傾向を探ったりしてみましたが、私の受験した年度は自分のヤマは外れました。

試験が終わった後に他の分野の同期とも情報共有をしましたが、母性もがんも慢性もやっぱり倫理的な部分を問われたなという印象でした。

その他の分野はわかりませんが同じような傾向があるのではないかと思いもいます。

事例はどんなものが出るかはわかりませんが、自分の中での倫理観を整理しておく作業は大切です。

「プレッシャーに負けずに自分の考えを書けるように残り1か月は知識を増やすだけなく、精神面の調整が求められる時期かもね?」とあいまいな会話で終わってしまいました。

しかし、これは率直な気持ちでもあります。

私もどんな試験内容になるのかはわからないので特定の課題に対しての勉強をすることは難しいです。

あとは残り1か月はこれまでにやってきたものを信じて自分で乗り切るしかありません。他人は変わることができません。

せっかく2年かけて大学院で得たものを試験で表現できるよう彼女の検討を心の底から祈っています!

がんばって!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です