まだまだ海外へ行ける日は遠そうです。

仕方がないので最近は食べ物で異国を感じることにしています。

『外食』という手もあるのですが、感染対策だけではなく、もともと貧乏性なの職場や友人とのお付き合い以外は自炊です。

おうちごはんで海外を感じられる食材の購入場所は、コストコ、KALDI、業務スーパーです!

コストコで最近は待っているのは、冷凍アボカドです!自分の中でサラダやトーストに合わせると海外を感じます。

あとは、定番ですがモッツァレラのオリーブオイル漬けです。そのままでもおいしいですし、スープやトマトソースのパスタに入れてもおいしいです。

イタリアつながりでカップのティラミスがお気に入りです。ショートブレットは大量なので消費するのに苦労しますが紅茶と一緒にいただくとイギリスを感じられます。量が多いのはうれしい悩みですね。

KALDIでは、シナモンロールカレーシリーズ(グリーン、イエロー、レッド、ココナッツ)を良く買います。酸辣湯も手軽でおいしいです。もはや日本の味になっている杏仁豆腐も外せませんね。

お菓子類も外せないですよね。季節ごとに出るHARIBOはついつい買ってしまいます。

業務スーパーはただの安売りスーパーではなく、結構海外ものが多いんですよね。手抜きでレンジで温めるだけのチャプチェを購入してみましたが。脂っこくなくておいしかったです!これはリピートしてしまいそう・・・。ナンよりも安いのでパラタを買って、そのままフライパンで焼いてレトルトのカレーと一緒に食べてみたり。(手抜きしすぎですね・・・)

デザート系はプレーンのワッフルをオーブンで焼いて食べていますが、ベルギーの人は本当に食べているのかな?ベルギー行ったことがないのでわかりません。クレープ生地は厚めでもっちりしているのでパンケーキ感覚で食べてます。

いずれにしても冷凍庫のゆとりって大切だなと思います。

おうちごはんで異国を感じながらお金を貯めて、早く安心して海外に行ける日を待とうと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です