今回の金沢旅行はコスパ重視(貧乏旅行、ケチケチ旅行)なので、宿泊施設や移動手段のみならず、食べ物にも「安くて良いもの!」を求めました。

ネットで検索したのですが、金沢ってあまりお安い食べ物がないのでしょうか?

初日に回転寿司なら安いだろうと思い込んで訪れた『寿司食いねぇ』が思いのほか高くてびっくりしました。

普通に一皿300円くらいする。

そして、せっかくきたからと食べたのどぐろのは680円でした。

そんなお店が大繁殖してるので、金沢の人たちって生活レベルが高めなのかもしれないと、思ってました。

実際、観光地価格なのもありますが全体的に高い。

そんな中でとった手段は『近江市場』です。

が、決して高い海鮮丼やお寿司屋さんで食べないでください。(節約したい人は)

近江市場では、一部のお店でお寿司やお刺身、フライなど調理済の食べ物を良心的な価格で販売しています。

しかも、あるんです!イートインできるコーナーが。

お醤油と小皿、お箸が置いてあるテーブルがありますので購入したものをそちらで食べることができちゃいます。

私たちはあまりお腹が空いていなかったのもありますが、アジフライ ¥100、タラフライ ¥180、なのだったか忘れましたが中落ちの刺身 ¥500をランチでいただきました!

昨日のお寿司より美味しかったです。昨日のお寿司も美味しかったけど、パフォーマンスのレベルが違う。

他にも旬の茹でてあるホタルイカやお寿司なんかを買って食べるのもいいと思います。

せっかく海産物のおいしい石川に来たのだから、地のものを味わい。

だけど、あまり高いのはなぁという方にはおススメします!

あとは、購入した後にお店で取り置きしておいてくれるシステムもあるようですので、兼六園などを観光した後に夕方やる気力があればそれらを持ち帰ってホテルで夜ごはん代わりにつまんでもいいかもしれませんね。

私たちは、夕方に確実に立ち寄れる自身がなかったので実行に移せませんでした。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です